双眼鏡 防湿庫

〜 カール・ツァイスの趣ある旧式双眼鏡の備忘録 〜

EL 10x50SV WB 

2015年秋のSV WBから5年、そろそろ新型出ますよね?と某有名ショップで相談したところ、最近モデルチェンジしたばかり(そうだっけ?)だから、まだ出ないでしょうとの回答で購入。予想通り、3ヶ月後にNL Pure発表となったが、確かに50mm機としてはまだフラッグシップか。

Swarovski EL 10x50SV WB

光学性能と造りは素晴らしい。色収差もオールドツァイス勢と比較すれば、ほぼ抑えられている。像のエッジが立っており、星雲、彗星を見つけやすい。急にパンしなければ、回転球現象酔いも少ない。

あえて重箱の隅をつつくと、少し木々の立体感に違和感(飛び出す絵本のよう)、夕方のコントラスト低下、星の瞬きが安定しており、プラネタリウムのように人工的。後は、接眼アイカップとレインガードが擦れて、少し白く粉っぽくなる(拭けば綺麗になる)。

Swarovski EL 10x50SV WB

Swarovski EL 10x50SV WB

Swarovski EL 10x50SV WB

Swarovski EL 10x50SV WB

果たしてNL50mmが出るのかどうか、旗艦モデル主戦場の42mmで、12倍まで出してしまったし。

 

      

 

       

       

       

       

 

 

 

EL 10x50SV WBは、バランス良く万能で、観察対象の輪郭と魅力を写実的に惹き出してくれる。個人的には、旧世代を測る物差し(リファレンス)としても重用している。古強者(ふるつわもの)ばかり扱っていると、ややもすれば郷愁ノスタルジアな視点にぶれがちになるが、そんな状況を心地よくリセットしてくれる。

 

EL 10x50SV WB

機材: 10x50 Field 6.6°1000m視界/115m

射出瞳径: 5mm

 

【 追記 Apr 7, 2021 】

バーントオレンジ(焦げたオレンジ色)が美しいNL Pure 32mmモデル。EL O-Range(狩猟用レンジファインダー)の鮮やかな色より落ち着いた印象(照明の加減?)。汚れが目立たない色なのは、バスケットボールでもお馴染。猪や鹿の色覚では、オレンジはくすんだ色となる一方、鳥類はオレンジを認識するので、少し悩ましい。性能は、SF32と良い勝負になりそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

【 追記 Apr 19, 2021 】

SNAPZOOM II でのコリメート撮影を以下に追加。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 追記 May 14, 2021 】

ジャングルさんによる鳥見双眼鏡頂上決戦・最速レビュー。著名バーダーでもある「T店長」との掛け合いが面白い。

 

 

 

 

 

 

 

NL32mmは本体35万円台。このクラスの双眼鏡購入において、究極を手にできるなら数万円は誤差とはいえ、日本のみスタグフだから一層高く感じる。10年前にフラッグシップ機、ツァイスFL56mm、スワロEL42mmは28万円だった。海外はインフレ傾向だが、大半の日本人のお財布事情は、2〜30年前(Dialyt 7x42が19万円、8x56が23万円)と大差ないままではないだろうか。